FIKA 新日本空手道連盟 正道会館 熊本支部

正道会館の理念

正道カラテとは

『進化したカラテ』それが正道カラテです。練習には各種プロテクターを用いて、子どもや女性でも安心して練習に打ち込めます。
熊本八代支部では、ごく一部の才能ある人や体格に恵まれた人だけが強くなるのではなく、誰でも無理なく確実に強くなることを目指し『合理的な練習』を行っています。
プロを目指して修行を志す若い方はもちろん、空手を通じて強い体と心を育みたい子どもさんや、健康の増進を目的とするビジネスマン、さらに護身術を取得したい女性の方にいたるまで、それぞれの目的に応じて幅広いカリキュラムを用意しています。

正道道場訓

一、 我々は心技体を練磨し完全なる自己確立を成すこと。
一、 我々は師の教えを守り創意工夫し師匠の恩に報いること。
一、 我々は礼儀、礼節を重んじ先人を敬い正々堂々と行動すること。
一、 我々は確固たる志を持って学習し知性と品格を向上させること。
一、 我々は神仏を尊重し正道を守り言動すること。
一、 我々は父母の恩恵を忘れず親孝行に生涯励むこと。
一、 我々は物事の真理を見極め事において敏速に対処すること。
一、 我々は善行と徳分を積み悪業を廃し正道の道を全うすること。

カリキュラム

人間形成の場として

グローバルな闘いの舞台で活躍する正道会館の選手に憧れて、近年入門者が増加しています。それらの人々にとって「強さ」の追求は普遍のテーマとなっていますが、それは単に相手を倒す事でなく、人生を明るく生きていく上で必要な「人間的な強さ」の追求にあると思います。
厳しい現実社会の中で 空手の修行の場を通じて自己を確立しようとする姿は、自分との闘いであり、そのプロセスで得られた成果は自らの人生に必ずや大きな自信を与えてくれるでしょう。
正道会館は実社会に、実生活に活用できるカラテでありたいと考えています。

正道会館の強さの本質

正道カラテの真髄は、ごく一部の才能のある者や体型に恵まれた者だけが強くなるのではなく、誰でも無理なく短期間に、確実に強くなる事です。
したがって、ここにはしごきもなければ過酷なトレーニングを強いることもありません。あくまで「練習の合理性」が正道会館の強さの本質であり、その合理的指導ゆえになせる「わかる楽しさ」「できるようになる楽しさ」「強くなる楽しさ」が 正道会館にはあるのです。
また、練習には、プロテクター等を用いる事によって、安全面にも、最大限の配慮をしていますので、子供や女性でも、安心して練習に打ち込めます。「進化したカラテ」それが正道会館です。

目的に応じたカリキュラム

正道会館は、従来の空手道場にありがちだった「きつい、こわい、きびしい」イメージを変えました。
その中では、様々な目的の方が練習されています。
選手として稽古に励む若い方はもちろん、空手を通じて強い心と体を育みたい子供さんや健康の増進を目的とするビジネスマン、さらに護身術を習得したい女性の方にいたるまで、それぞれの目的に応じて練習できる体制を整えています。

>>> お問い合わせ・無料体験のご予約はお問い合わせページから

ページのトップへ戻る